入社祝い金が出るバイトの仕組みと申請の仕方

募集企業と求人サイトの関係で入社祝い金は決まります

ネットには色々な求人サイトがありますが、その中には入社祝い金をもらえるバイトがあります。これの仕組みは、求人募集する会社と求人サイトを運営する会社が関係しています。従来の求人募集の場合は、依頼を受けた求人サイト側が原稿や写真などを準備してサイトに載せているのです。そのための経費がかかります。しかし入社祝い金を支払う求人サイトでは、原稿や写真などを募集する会社側が準備するのです。その分の経費がかからないので、入社祝い金という形で支払うことができるのです。

祝い金が出ることで多くの応募者を集めることができる

また入社祝い金を支払うことで、より多くのバイト応募者を集めることができるのです。バイトを探す場合、同じ企業でも求人サイトによって祝い金が出る場合と出ない場合があるので、よく注意する必要があります。祝い金の額は企業によっても違いますが、500円から25000円ぐらいの間で設定されています。祝い金の金額によって辛いバイトだったり楽なバイトだったりといった心配は無用です。あくまでも募集企業と求人サイトの契約上の問題です。

採用が成立して初日に働いたあとで求人サイトに申請する

どうせ働くなら入社祝い金がある方がお得感があります。インターネットで検索すれば祝い金がもらえる仕事がたくさん見つかります。もらえる時期は求人サイトによって違いますが、一般的には採用が成立してから求人サイトに申請することになります。申請すると60日以内にもらえるケースが多いです。申請するのは初日に働いた直後に行うのが一般的です。祝い金をもらえるためのルールが求人サイトによって決まっているので、それを知っておくことが必要です。

工場の求人には何点か特徴があります。期間工と呼ばれる契約型の雇用、24時間の交代シフト制、寮完備などです。1人暮らしには最適と言えるでしょう。

by